両家の顔合わせって何を言えばいいの?

両家の顔合わせは親戚になる人同士の顔合わせ

結婚をする男女のそれぞれの両親が本人たちを交えて行なう両家の顔合わせは、それぞれの両親や本人たちが親戚同士になるための挨拶の場です。そのためまずはお互いの両親を紹介するのが重要となっていて、それ以外の会話や言わなければいけないものとしてはそれぞれの家族に関する情報提供のようなものだと考えた方が良いと言われています。 だからこそまずは自分たちの両親をしっかり紹介できる挨拶を考える必要があるのですが、ポイントとしてはあまり長々と紹介しないところです。簡単に年齢や職業などを紹介するのが基本となっていて、そこからちょっと派生して趣味やハマっているものなどがあれば紹介しておくと会食の際の話題づくりがしやすくなります。

基本的には新郎側が言う

両家の顔合わせでは挨拶以外にも司会進行をしたり場面に合わせた色々な言葉があるのですが、いずれの場合も中心となるのは新郎側です。そのため挨拶も進行も新郎もしくは新郎の父親が行なうのが一般的だとされているので、新婦側はお願いされていない限りは中心に立たない方が良いと言われています。 そのため「何を言えばいいのか分からない」と悩んでいる場合にはまず自分がどのような立場なのかを考えて発言を考える必要があり、どの場面でどのような発言をすればいいのかを新婦と一緒に考えていきます。ただし挨拶や司会進行のための発言以外は必ず言わなければいけないものはないので、無理に堅苦しく考えない意識や気負わない意識も必要です。